会社に贈るのにふさわしい花とは

企業の本社や事務所が移転された場合、今後のますますの繁栄、繁盛を願って、取引先として移転祝いを贈ることが一般的です。

お世話になっている取引先などへは、お祝いのメッセージを添えて贈るなどといった事がビジネスにおいて欠かせないマナーの1つでもあります。

そのようなシーンにに贈る花としてふさわしいのが胡蝶蘭という種類の花です。

110

見た目に品格があり、清楚なイメージと荘厳なイメージを併せ持つ蘭の花です。

日本では鉢植えの状態で贈るのが一般的です。

 

本数は3本、5本、10本などがありますが、花屋で本数を調整するわけではなく、生産地で植えられたものを花屋で販売している形になります。

金額によって本数は選べますが、最低でも3本植えの胡蝶蘭となるようです。

 

贈る時期の目安としては、相手方の移転が完了してから半月くらいまでが良いとされています。
おすすめの贈り物としてはやはり胡蝶蘭などの花があげられます。

 

よくオープンしたてのお店や企業などの玄関先に胡蝶蘭などの花がメッセージや名前入りで飾られてあるのを見かけたことがあるかと思います。

胡蝶蘭はそういった商売やビジネスでのお祝いごとににはよく使われる花で1か月以上も咲かせ続けます。

すぐに枯れてしまう花より選ばれる傾向が多く、お祝いごとにはおすすめの花と言えます。

新しく会社を移転された時のお祝いの品としておすすめなのが花です。

 

引っ越し祝いとしても喜ばれます

花であれば引っ越し後の社屋を綺麗に彩る事が出来ますし、とても会社の雰囲気を明るくしてくれます。

移転祝いに花を贈り物として贈る時には、お祝いの場に招待された場合は当日に持参し、当日持参が困難である場合は、訪問日の前日までに到着する様に手配をすると良いです。

 

その時にはあまり香りが強くなくて、花粉が飛ばない花を選ぶと良いです。

そういった意味からも香りや花粉が出ない胡蝶蘭はお祝い品として適した花といえます。

311
そしてお祝いの気持ちを伝える為にフラワーギフトにメッセージカードを添えてお贈りする事も出来、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝える事が出来ますのでおすすめです。

特に親しい方へのメッセージカードであれば、より気持ちのこもったお祝いとして喜ばれますので大変おすすめです。